スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の小さいころからのコンプレックスの一つで指があります。

太くて、短くて、ほとんどの友達が入る指輪も入らないくらい。


それをごまかすために中学校のころから爪を伸ばすようになりました。
先生にばれないようにマニキュアを塗ってみたりもした。


伸ばし始めて気づいたことは意外と私の爪の形は良くて、よくツケヅメと間違えられるくらいでした。
そして爪を伸ばしてからよく「指きれいだね!!」って言われるようになっていい気になって爪の手入れにはとくに念をいれてました。


もちろん高校の間も伸ばしていて、私は爪の奴隷状態でした。


それでもやっぱり爪を切らないといけない時がきます。
むちゃくちゃ嫌でうだ②と何時間も駄々こねてみたり・・・。


切ったあとに見るとやっぱり太くて、短い指がそこにあるだけ。





今、私は人を救える手になるために爪を切る。
見かけだけの手はもういらない。





夜、祖父の足の爪を切った。
祖父はもう自分で足の爪を切ることはできません。


小さいころはおじいちゃんっ子でどこに行くにも祖父について回っていた私。


いつの間にか私がこうする立場になったんだね。
何か切っている間泣きそうになった。



そんな爪に感じた2つのお話。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://moroheiya.blog41.fc2.com/tb.php/388-a9753dad

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。