スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早いなー

もう金曜日なんだー。
何か日がたつのがすぅんごく早い!!
毎日時間に追われているからかな?(^-^;
本当に早いです!
こんな調子で国家試験もすぐ来るのかなー・・・・。

今日もテスト。2教科でした。
びっくりするくらい簡単で救われました・・・。


しかーし!!


論理学のテストで課題を根本的に間違えてしまった・・・。
どうなるんだろう・・・0点??(泣)
同じ間違いした子が何人かいたけど、だからって合っている訳じゃないから意味がない(ノ_・、)
んー・・・心配(-_-;)



テレビで小さな子供の心臓移植をやっていた。
私は手術が成功したところから見たのですが、小さな子が体にいっぱいチューブをつないでる姿が痛々しくて、でもその姿が何よりも大きく輝いているように見えて涙が止まりませんでした。
彼が目が覚めてお母さんの顔を見て涙を流してました。
きっと幼いながらも本能的にもうお母さんに会えないかもしれないと手術前に感じたのかもしれません。

忘れられない言葉

「服着た」

海外の病院で手術をしてからずっと全身に点滴やチューブを内臓にもつないでいるからずっと裸だったのです。そのチューブを取って、服を着て、日本に帰ってくるのは彼にとってどれだけ嬉しかったか。あんなにも小さな子がこんなにも頑張っているんだと思うと胸が締め付けられました。

今日のテストにも出ていましたが子供の臓器移植はとても難しい問題だと思います。
子供が判断出来なければ親がすればいいといろんなところで言われてますが、実際目の前で呼吸器はつけているけども体温があって暖かいし、心臓も自分の力で動かしている我が子を臓器移植に提供できますか?
もし強制的に責められたら本人の意思で決めたと言えますか?
子供の回復力は強いので脳死判定もとても難しいです。
1%でも可能性があるなら親も医師も助けたいと思うのが普通じゃないですか?

でも、実際臓器移植が出来なくて亡くなっていく人はとても多いのです。

命のリレーはそんな簡単な問題じゃないのです。

もっと多くの人に臓器移植、安楽死、尊厳死など、命の問題に目を向けて考えてもらいたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://moroheiya.blog41.fc2.com/tb.php/203-5d11e857

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。